2歳児イヤイヤ期の癇癪は親のせい?対応と心がまえ

育児について

こんにちは

今日は最近の2歳児育児について

イヤイヤ期も真っ盛り

昨日は本当に物凄い癇癪を起こしました

事件は夜21時

さあもう寝ようかという時

次男が隣に来たので

さあオムツきれいにしよっか」と私がいうと

次男『やだ

私「え?でもオシッコ出てるよ?

次男『いい!これがいい

これがいいwってwww

まあこれは無理強いしても仕方ないとじゃあ寝るかと

布団に入ろうとした時

パパが

いや、オムツは変えた方がいいでしょ』と。

私は「まあそうだけど、嫌がってるししょうがないよ」というと

いや、布団濡れるよ。おむつ変えよ』とパパは次男を抱っこして

私がおむつを脱がせました

それが引き金となり。。。

次男は大泣き。

大癇癪・・・自分の太ももを叩きながら奇声を上げて泣き叫びます

時には寝っ転がって足をバタバタと近くに兄弟がいてもお構いなし。兄弟には離れるよう指示。

もう昨日の癇癪は久しぶりに困り果てました・・・

次男『なんでおむつ脱がせるん!!!!

(次男は2歳半ですでによくしゃべります)

私はすでにおむつの端を破ってしまっていたので

次男『なんで破るん!!!!!』と大激怒・・・

新しいオムツも

私「ほらこれも可愛いよ?さっきのと一緒だよ?」と言っても新しいオムツは投げまくり、

このさっきしていたオムツが良かったとなぜ破ったんだと破ったオムツまで投げまくる

流石に頭にきた私も旦那も『いい加減にしなさい』と怒るも逆効果でさらに息子の癇癪はヒートアップ。。。

もうこうなると何を言っても聞かない、というか聞こえていません。

パパがごめんねというも聞いていないし

ごめんねというと、なんだかさらに彼の被害者意識を助長しているような気も。。。

この状況、冷静に考えれば誰も悪くない。まあはっきり言えば、頑固な息子がどう考えても悪い。

パパは綺麗なおむつにしたかっただけです。

(まあ私がおむつを破らなければここまで癇癪が長引くことはなかったかも・・・汗)

でも息子からすれば嫌なことをされたんですよね

子育てって本当に難しい・・・

子供もきちんと自分の意思があります

それが大人からすればありえないことだと思っても

子供なりに考えがあるか、もしくはうちの子のように

眠たかったこと風邪が治って病み上がりだったこと

きっと今日の癇癪の一因となりイライラをぶつけてしまったのかもしれない。

大人でも普段なら怒らないことでも自分が生理でイライラしてて怒ってしまった・・・なんてあるあるなんだもん。。。

子供だって感情が爆発してしまう時だってある。

しなきゃいけないってわかっていてもできないことだってあるでしょう。

こう考えるとやはり育児は私たち大人が

『親が親になるための修行』

手がかかる子程、大変なことがある程、人は成長しますね。

『この子が悪い』と言っていても誰も幸せにはなれない

自分の息子にも誰かが疲れて人に当たってしまった時に優しく包み込んであげられるくらい心の余裕を持った人になってほしい

昨日の癇癪で私も旦那さんも学んだ事がありました

子供を一人の大人として見てみよう

意思を尊重してあげよう

どうしてもいけない事や、度を越えた時はビシッと叱るけど、ちょっとした心の余裕が私たちにもなかったんです。

人間なんだから、完璧じゃなくていい

今やネットを開けば、いろんな育児方や対策も載っているけど

子供に甘すぎる育児方は違うと思う

親を舐めてかかるような子供は必ず社会に出て苦労するから。

意思は尊重しつつも、共感はしつつも暖かく厳しい親でありたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました